一般的に、
キャッシングなどを利用された経験を持っている人が、その返済を済ませている場合や、
返済中であっても法定利息よりも高い金利に設定されている状態なら、
いわゆる過払い金請求を行うことができます。

かつては、グレーゾーン金利と呼ばれている金利に設定されていることが多かった時代があり、
その頃にキャッシングを利用された人が主な対象者となりますが、
過払い金請求に関しては時効が10年に設定されていることもあって、
該当するのなら、早期に過払い金請求を済ませることをおすすめします。

現在ではインターネットを自由に利用できる環境が整っていることもあり、
グーグルやヤフーで検索すると、過払い金請求に関連するサイトが数多くヒットします。

その中には、
利用者本人によって過払い金の有無を計算できるサイトも存在しますが、
実際に請求を行う場面では一定の知識が必要とされているために、
結局、弁護士に依頼するケースが多いようです。

過払い金請求に精通している弁護士もインターネット上で探すことができます。
こういった弁護士に依頼すると、スムーズに請求を済ませることができます。

通常、弁護士に以来する際には、
着手金と呼ばれる費用が発生するケースが多いのですが、
過払い金請求のケースでは着手金無料といったパターンも見られます。

着手金とは、依頼を解決するために初動する際に支払う費用のことですが、
過払い金請求の場合では、いわゆる成功報酬制を採用している場合が多く、
過払い金を取り戻した際に、その額面から決まったパーセンテージの報酬金額を支払うことによって
相殺することが可能になっています。

ですので、
利用者は実質、持ち出し金をゼロとして依頼することができ、
実際に過払い金が発生していた場合には、
まとまった金額を得ることができる場合が目立ちます。

中には100万円以上返還されたという事例も数多く存在しており、
既に支払いを済ませていた人は大きな資産を持つことができ、
返済中のケースでは、返還されたお金によって残債を全て返済することも不可能ではありません。

繰り返しになりますが、重要なのは、
必ず過払い金請求を得意としている弁護士に依頼をすることです。

この点に関しても、実際にインターネットで検索してみて、
既に多くの実績を有している事務所を見つけることが第一歩になります。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです