地元の信用金庫から借りた、創業融資300万円

正直、私のビジネスモデル(PPCアフィリエイト)では、
広告費以外のお金なんて、なくてもやって行けます。

300万円なんて、有り余るほどの金額なんです。

ただ、事務所だけは、
カードローンで借金してでも借りようと思っていました。

特にパソコンを使ってネットで完結する仕事の場合、
自宅で一人で取り組もうとしても、
まず間違いなくダラけてしまうと思ったからです。

事務所に通うことで、けじめをちゃんとつけたかったのです。

さて、事務所を構えるとなると、
必要になってくるものもけっこうあります。

パソコン、プリンタ、インターネット回線はもちろんのこと、
冷蔵庫や電子レンジ、本棚、机、などなど。

お金がない状態なら、自宅で使っていたパソコン、プリンタで済ませていたでしょう。

でも・・

あるんです、お金が・・

貯金ゼロだった私にしてみれば、
若いころ以来、手にしたこともなかったような大金が・・

こうなると、パソコンも性能が高いものが欲しくなります。
もちろん、デュアルモニタです。

プリンタも、カラーのレーザー複合機が欲しくなります。

オーブントースターもあると便利です。

コタツにバリスタに・・

この分だけでも、予定より既に30万円ぐらいオーバーしてました。

更に、困ったことがありまして・・

私は、基本的に「カタチから入る」タイプです。

揃えたくなるんです。本とか、情報商材とか。

いっぱい買いました、本。

ザ・レスポンスのダイレクト出版の本です。

ザ・レスポンスのメルマガ執筆メンバーの方々が推奨している本も、
アマゾンや楽天ブックス、近所の書店で、一気に揃えました。

ザ・レスポンスで販売しているダン・ケネディの高額商品も、
「自分には必要なんだ」という変な思い込みから、買ってしまいました。

気がついたら、運転資金が心許ないんです。

何故か、100万円ぐらいしか残ってないんです。

事業の先行きも全くもって不透明なのに、
200万円も既に使っちゃってたんです。

で、結局、手を出しちゃいました。カードローン

最初に借りたのは、いちばん利率が低かった「楽天スーパーローン」

利率9.7%で、枠の上限200万円を借りました。

カードローンを使うのは初めてだったので、
さすがに最初は緊張しましたし、本当に振り込まれるのか心配でした。

それなのに・・・

ボタンひとつなんですよ、借りるのって。

ボタンを押したらすぐに、私の楽天銀行の口座に振り込まれるんです。

本当に、ほんとうに、手軽に借りることができてしまうんです。

ここで覚えてしまいました。

「足りなくなったら、カードローン」

おかげで、また、資金に余裕ができた私は、
さらなる暴走を始めてしまいました・・

ちなみに、楽天スーパーローンに新規で申し込むなら、
枠の最大が増えて300万円になりましたから、
迷わず300万円で申し込むことをオススメします。

あくまで、「万が一の時のために」ですよ。

[PR]借りれるかどうか心配?それなら、ここでチェック!