ファクタリングを活用すると、売掛金を数日の間に現金化できるため、
キャッシュフローの改善が見込めます。

手数料を割り引かれるという金銭面のデメリットはありますが、
早急につなぎ資金を調達したい場合などには、非常に有効な手段と言えます。

ここでは、ファクタリングのメリットとデメリットを挙げてみます。

■ファクタリングのメリット

1.現金化までのスピードが早い

最短即日に現金化できる事業者もあります。
本来、支払いまでに1ヶ月、3ヶ月といった期間が必要な売掛金が、
数日中に現金化できるということは、やはり大きなメリットと言えます。

1,000万円を実質翌日に調達できた例もあり、つなぎ資金としてだけでなく、経営を安定させるためにも使えます。

2.金融機関で融資を断られた場合でも利用できる

ファクタリングは、ビジネスローンや金融機関とは審査方法が異なります。
ビジネスローンや金融機関では融資を受ける企業が審査の対象ですが、ファクタリングでは売掛先に対する審査が、より重要視される場合もあります。
これは、ファクタリング事業者との契約内容にもよるのですが、売掛金をファクタリング事業者が回収する場合には、売掛先企業の経営状況が重視されるのも頷けますね。

また、
・民事再生中でも契約が可能
・金融機関への債務弁済をリスケジュール中でも契約が可能
・税金未納の状態でも契約できる可能性あり
というように、銀行からの融資が不可能な場合でも、継続的な売掛金があれば利用できます。

お金を借りるわけではありませんので、信用情報にも影響がありませんし、貸借対照表上も負債になりません。
ファクタリングを上手く活用して資金繰りが改善できれば、企業価値も向上し、銀行からの融資を再開できる可能性も十分にあります。

3.調達できる金額が大きい

ファクタリングサービスの中には、最大3億円の調達が可能な場合もあります。
急な為替変動や事業拡大にも対応できる、まとまったお金を調達可能なサービスがファクタリングです。

4.その他

上記以外の主なメリットを列記します。
・手形のように、発行元へ受け取りに行ったり、書留等で郵送してもらうといった手間がかかりません。切手代も不要です。
・領収証を発行する必要がありません。よって、収入印紙代が不要です。
・手形の期日に金融機関へ手形を預ける必要がないため、うっかり忘れで取立期日を過ぎてしまうようなこともない。取立手数料も不要。
・通常の金融機関と比べ、割引料が安い。

切手代や印紙代、手数料といった経費が節約できるのは、大きなメリットと言えます。

■ファクタリングのデメリット

いいことずくめに見えるファクタリングですが、メリットがあればデメリットもあるだろうと思い、情報を探してみました。
ただ、けっこう探したんですが、デメリットといえるデメリットが見当たりませんでした。

強いて挙げれば、ファクタリング事業者が破綻するリスクぐらいのようです。

基本的にファクタリングは、手形と比較されることが多いため、メリットが際立つのではないかと思います。
日本の商習慣においては、古くから手形という仕組みが浸透していますが、ファクタリングと較べるとかなり不利な条件なんですね。

ファクタリングで債権譲渡を行うときに「債権譲渡登記」が必要になりますが、これは法人間の取引のみが対象です。
したがって個人事業主は、基本的にファクタリングが利用できません。
ただ、売掛先との話し合いで了承を得た場合には、個人事業主でも利用できるケースがあるようです。

オススメのファクタリングサービス「JTC」

以下にあてはまる場合、ファクタリングは非常に魅力的な仕組みですので、ぜひ、ご検討ください。

● 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)
● 赤字決算
● 債務超過
● 担保不動産がない
● 保証人がいない
● 税金滞納中
● 借入ブラック
● 信用情報に問題あり
● 銀行融資を断られた
● ビジネスローンを断られた
● 追加融資を断られた
● 仕入れ先への支払いが追い付かない
● 従業員への給料が払えない

当サイトのイチオシは「JTC」。

北海道から沖縄まで全国対応のサービスで、買取率も業界トップクラスを誇ります。
リピート率が98.3%と高いのは、利用者からの信用が厚い証拠ですよね。

インターネットからの簡単な入力で申し込むだけで、土日でも対応してくれますから、
悩みを抱えたまま新しい週を迎えるぐらいなら、一度、相談してみてはいかがでしょうか。

「JTCのファクタリング」詳細はこちらからご覧ください