過払い金チェッカーというのは、
過払い金が発生しているかどうかを計算してくれるサービスのことです。

この過払い金チェッカーを利用すれば、
過払い金がどれ位発生しているかをある程度知ることができます。
簡易的なチェックならこのサイトが便利です

過払い金は払い過ぎたお金のことですが、
特に日本では、借金などの利息の払い過ぎを指す言葉として浸透しています。

借金をした場合には、その金額に対して利息を支払わなければいけません。

金利が低ければ低いほど、返済の負担が少ないというメリットがありますが、
低い金利で借りる場合にはそれなりの信用力が必要です。

そのため、銀行などのローン商品は誰でも利用できるというものではありませんが、
一方で消費者金融などは、一定の条件を満たせば比較的容易にお金を借りることができます。

金利は年率で計算されますが、この際の制限として法定金利があり、
これを超える金利での貸し付けが行われた場合には過払い金が発生します。

また法定金利内であっても、
契約に定めた金利以上の利息を支払っている場合には過払い金になります。

日本の法定金利としては出資法と利息制限法があり、
出資法では年率20%を超える金利は違法であり、刑事罰の対象となります。

また、利息制限法では
・10万円以下が年率20%
・10万円以上100万円以下が年率18%
・100万円以上が年率15%
と制限されています。

利息制限法で定められた金利を超えた場合には、過払い金として請求できるほか、
悪質な場合には行政処分の対象となります。

特に利息制限法においては、借り入れる金額に応じて金利が変化するため、
返済していく過程で過払い金が発生していることが多いのが実状です。

このような過払い金があるかどうかを簡単に調べてくれるのが、過払い金チェッカーです。

過払い金請求を主に行っている弁護士事務所や司法書士事務所などの
ホームページ上で公開されているものです。

借入金と金利、それに契約期間を入力するだけで、
ある程度の過払い金の数字を知ることができます。
簡易的なチェックならこのサイトが便利です

基本的には無料で提供されていますが、
過払い金チェッカーは、あくまでも過払い金が発生している可能性を
計算してくれるものである点に留意する必要があります。

また、過払い金を請求する際には、
弁護士や司法書士に手数料を支払わなければいけないため、
過払い金が少ない場合には、請求するための費用も考慮しておくべきでしょう。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです