1.過払い金の時効は10年

消費者金融業者やクレジットカード会社で利用したキャッシングやカードローンを、
2010年ごろまでに利用していたことはありませんか?

この時期までの借り入れの利率は現在よりも高く、
利息を払いすぎていることがあります。

借り入れた金額や期間によっては利息を払いすぎていることによる
過払い金が発生していることがあると
聞いたことはないでしょうか。

この過払い金はご自分で利用されていたものだけでなく、
親御さんが利用されていた状態で亡くなり、
その方の権利を相続するということもあります。

過去にキャッシングやカードローンを使っていたなら、
調べてみる価値があるのです。

ここで注意しなければならないのは、
利息を払いすぎた結果過払い金を取り戻せるとしても、
その権利は一定期間経つと消えてしまいます。

つまりもう請求できなくなるということです。

過払い金の返還を求める権利など、
権利があるのに長期間使わないでいると消えてしまうことを消滅時効といいます。

過払い金については10年で消滅時効にかかり、
もう請求できなくなります。

2.いつから数えて、10年になるのか

リボルビング払いのカードローンなど、
いったん借り入れてから返済と借り入れを繰り返して
十数年も取引を続けることがあります。

いったん残高がゼロになっても、
さらに借り入れを再開するということもあるでしょう。

長い期間取引が続くなかで過払い金の消滅時効である10年とは
いつから10年なのかが問題になります。

一般的には、最後の返済が終わったときから
10年と考えればよいのです。

平成10年から借り入れを始めて借り入れを返済を繰り返し、
平成22年に返済が終わったら、平成22年の返済終了日の10年後までは
過払い金の返還請求ができることになります。

一枚のクレジットカードで借り入れと完済を繰り返している場合、
個々の借り入れと返済との間が10年空いているようなことがなければ、
連続する取引と考えることができます。

クレジットカードのようにいったん発行されたら
会員番号やカードが変わることがない場合・・・

比較的わかりやすいのですが消費者金融業者などで完済のときに
カードも返してしまい、次の借り入れでは審査を受け直して新しい契約をした場合は
計算の仕方の判断が分かれます。

3.簡単な計算なら自分でできる。専門家にも相談を

過払い金の計算はインターネットで入手できる表計算のワークシートに
消費者金融業者等から取り寄せた
取引履歴のデータを入力することで自分でもできます。

取引履歴を請求するだけなら、
特に不利になることもありません。

計算後に実際に過払い金を請求してみたいと思ったら、
弁護士などによる無料相談を利用してみることをおすすめします。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです