グレーゾーン金利によって発生した過払い金に関しては、
一時期、社会問題化されたこともありました。

しかし、現在では過払い金請求として
利息制限法によって定められている正しい金利へと
引き直しを行うことが認知されるようになりました。

過去にキャッシングなどを利用してお金を借りた経験がある人で、
尚且つ、まとまった資金を借りた場合には、
多額の過払い金が返還される可能性があり、
弁護士か司法書士に依頼して解決することができます。

現在では、多くの消費者金融において、
利息制限法に基づいた金利に設定されているために、
キャッシングについては問題なく利用することができます。

一般的には、過払い金請求を行った場合でも、
いわゆるブラックリストに載ることは無いとされています。

日常生活を送る上でもトラブルが発生することが無いと考えられています。

完済した借金に対する請求ではなく、
ローンなどを利用中のものに対して過払い金請求を行ったケースでは、
状況しだいではブラックリストに載ってしまうというケースも出ています。

クレジットカードなどを頻繁に使用されている場合には、
使用できない状態に陥ってしまう事例も存在しているのですが、
正しく請求を行っていれば、多くのケースで問題なく対応することができます。

過払い金請求を行うことに関して、クレジットカードとの兼ね合いで心配に感じているなら、
事前に弁護士としっかりと相談した上で実行することによって
このブラックリスト問題を回避させることもできるようです。
まずは匿名チャットで、気軽に相談してみませんか?

請求を行う際には、取引履歴を取り寄せる必要があります。

この作業を弁護士などが行った場合には、信用情報に掲載される可能性を持っているため、
残債が残っている状態なら、本人自らが取引履歴を請求することで問題を回避することもできます。

通常ではブラックリストに載った場合でも、一時的なものとして取り扱われるため、
大きな心配は無用と考えることもできます。

クレジットカードなどが使えない状態になったケースでも、
一定期間待った上で、再びクレジットカードを発行できる会社を見つける方法によって、
問題を解消させることができた事例も存在しますから、ご心配なく。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです