消費者金融などの貸金業者から10年以上お金を借りている人は、
過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金とは、払いすぎたお金のことで、
グレーゾーン金利でお金を借りていた人は、この過払い金が発生していて、
返還請求をすることで払いすぎた利子を取り戻すことができます。

現在は出資法が改正されて上限金利が引き下げられたので、
グレーゾーン金利の問題は少なくなっていますが、
それでも10年以上に亘ってお金を借りている人は、
過払い金請求をすることで多額のお金が返ってくる可能性があります。

過払い金請求のデメリットとしては、
個人信用情報に事故情報(いわゆるブラックリスト)が残るため、
クレジットカードやローンが利用できなくなるということがあります。

しかし、
2010年から、過払い金の返還を請求することは正当な権利であるとして、
過払い金請求をしても信用情報に事故情報が載ることがなくなりました。

万が一、
過払い金請求をしたことで信用情報に事故情報が載ってしまった人は、
個人信用情報訂正請求をすることでブラックリストの情報を削除してもらうことができます。

ただし、これには例外があって、
過払い金請求をした後に、なお負債が残っていて、
任意整理を行なった場合には、ブラックリストに載ってしまいます。

任意整理は、弁護士が金融機関との間に介入し、
利子を減額するように交渉してもらえる制度です。

返済困難に陥った人が本来払うはずだった利子を
法的な手段を用いて減額、もしくはゼロにするわけですから、
金融事故として扱われ、ブラックリストに載ってしまうのです。

なお、過払い金請求だけをして任意整理をしなければこの問題は生じませんが、
借金の返済が困難な状態になっている人は、
原則として過払い金請求だけを行なうことはできず、
任意整理とセットで行なわなければなりません。

それでは、ブラックリストに載ってしまうと、
どのような不便があるのでしょうか。

ブラックリストに載ったからといって、
クレジットカードを持てないという決まりはありませんが、
金融機関の審査にほぼ100%通らなくなるので、
実質クレジットカードやローンを利用できなくなります。

また、住宅ローンや自動車ローンも組めなくなるので、
場合によっては生活に大きく影響することもあります。

しかし、一生このような状況が続くというわけではなく、
任意整理をしてブラックリストに載った場合、
およそ5年で事故情報は消えます。

よって、
およそ5年の間、おとなしくしていれば、
また金融機関の審査に通るようになります。

その間は、
デビットカードやプリペイドカードなどの代用品を利用して、
借金をしないように生活をすることがお勧めです。

もし心配なようでしたら、
前もって専門家に相談することをお勧めします。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです