以前は多くの貸金業者が
利息制限法の上限金利を超えた金利を利用者に課していました。

利息制限法の上限金利とは、
10万円未満の借入の場合は20%、
10万円以上100万円未満の借入の場合は18%、
100万円以上の借入の場合は15%と決められています。

しかし一定の要件を満たせば
利息制限法の上限金利を超えても構わないと言うみなし弁済規定によって、
多くの貸金業者は上限金利を超えた金利を採用していました。

平成22年6月に最高裁判決で
利息制限法の上限金利を超えた金利を課すことは無効との判決が下されましたので、
みなし弁済規定は廃止され、過去に支払った利息も
過払い金返還請求として取り戻すことが可能となりました。

過払い金返還請求の時効期限は10年です。

この10年というのは
最後に取引をした日から計算することになります。

最後に取引をした日というのは、
最後に借入を行った日ではなく最後に返済を行った日です。

また、一度受けた融資を完済した後で再び同じ業者から融資を受けた場合は、
二度目に融資受けた分の最後の取引から10年となりますので、
一度目に融資を受けた分に関して完済から10年以上経過していたとしても
過払い金返還請求ができます。

ただし、一度目と二度目の間の期間が空いている場合には、
別々の契約と見なされてしまう場合があります。

さらに、期間だけでなく契約内容によっても
同じ契約と見なされるか判断が分かれますので、注意が必要です。

自分で過払い金返還請求をすることは可能ですし費用もかかりませんが、
手間がかかる上に返還できる金額は過払い金の5割程度になってしまいことが多いです。

もし弁護士などの専門家に依頼すれば、
自分で過払い金返還請求を行うよりも
高額の過払い金を取り戻すことが可能です。

もちろん費用が必要となりますが、
返還出来る金額が増えますし、返還請求を一任することができますので
手間をかける必要がなくなるというメリットがあります。

弁護士に依頼するには
着手金と成功報酬が必要となります

着手金は請求する相手1社に対して3万円ほどが相場ですので、
返還請求する相手が増えれば着手金も高くなります。

成功報酬は返還出来た過払い金の
20%程度が相場となっているようです。

もし過払い金の満額を取り戻したい場合には訴訟提起する必要がありますが、
訴訟で解決した場合には、取り戻した過払い金の25%ほどが成功報酬となります。

まずは自分で過払い金がいくらくらい有るのか計算してみてから、
弁護士に依頼するか検討すると良いですね。

法律事務所の比較サイト「街角法律相談所」なら、
過払い金についての相談だけではなく、
あなたの借金に対しての総合的なアドバイスを受けることができます。

本名も住所も入力する必要がないシミュレーターで、
一度、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

シミュレーターの利用は無料です。
まずは、試してみてください。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちらです